きずな広がれ

乳幼児教育は、人が幸せに生きていける明るく温もりのある社会の基礎だと考えます。

  • ほんとうのつながりを大切にしたい。
  • はぐくまれる小さな“きずな”こそ大きな力。
  • “きずな”の和が広がりますように。

本当のつながりを大切にしたい。

FacebookやLINEなどのソーシャルメディアは、新しいつながり方を社会に広げました。これらを含めて人と人とのつながりは、産声を上げた瞬間からはじまっています。言うまでもありませんが、子どもが最初につながるのは親。親からの愛情を浴びて、親とのつながりを深めながら子どもは成長していきます。
しかし、いまの日本においては、このごく普通の親子関係が難しくなっています。共働きの家庭が増え、親子の時間が少なくなった。仕事のストレスが子育てに影響を与えるケースが多くなった。少子化により一人っ子が増え、周りから子どもが減った。さらには親子の同居すらあたりまえではなくなってきました。
このような時代だからこそわたしたちの運営する認定こども園・保育園では、ただ教育や保育をするのではなく、ごく普通の親子関係を築いていただけるようフォローしています。そして、親子のつながりだけではなく、幼い子どもが認定こども園や保育園を中心とした小さな社会で、少しずつ広げていく新しいつながりを見守っていきたい。そして、つながりを、もっと強く太いきずなへと育んでいきたい。わたしたちはそう考えています。
そのために、「7つのきずな」を大切にした施設運営をしていこうと決意しました。子どもや保護者、職員、さらに地域の人々をも視野に入れ、親子関係からはじまるきずなを、さらに強いものへと変えていく。この姿勢がわたしたち大阪誠昭会の根幹にあるのです。