個人情報の取り扱いについて

個人情報に関する規約(プライバシーポリシー)

本規約は、社会福祉法人 大阪誠昭会(以下「法人」という。)が取り扱う個人情報の重要性を認識し、保有する個人情報の適正な保護と管理に関し必要な事項を定め、実施するあらゆる事業において個人の権利利益の保護及び人格の尊重を図るとともに、事業の適正な運営に資することを目的とします。

1. 個人情報の定義
この規約において定義する、「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を認識することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
2. 法人等の責務
法人は、この規約の目的を達成するため、個人情報保護法に関する法令等を遵守するとともに、実施するあらゆる事業を通じて個人情報の保護に努めます。また、法人の役員並びに職員は、職務上もしくは活動上知りえた個人情報をみだりに他人に知らせ、または不当な目的に使用することを禁止しています。また、その職を退いた後も同様とし、重ねて指導しています。
3. 利用目的等
法人は本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱いません。そのようなことから、法人ホームページの「お問い合わせ」より知り得た氏名、生年月日等その他個人情報については、目的外に使用することはなく、漏えい、滅失及び毀損の防止に努め、適正かつ安全な管理措置を講じるようにしています。
※利用目的として、①関係書類やメール等の送付 のみとし、当該担当職員が本業務に関わる場合のみ閲覧できるものとし、他には漏らすことはありません。

以上のように徹底した個人情報管理に努めますことをここにお約束します。