きずな広がれ

乳幼児教育は、人が幸せに生きていける明るく温もりのある社会の基礎だと考えます。

  • ほんとうのつながりを大切にしたい。
  • はぐくまれる小さな“きずな”こそ大きな力。
  • “きずな”の和が広がりますように。

わたしたちの”きずな”の和が広がりますように。

わたしたち大阪誠昭会の認定こども園・保育園では、子どもだけが主役なのではありません。保護者や地域の方々、そして認定こども園・保育園で働く職員。それぞれが主役であり、「きずなコミュ」の重要なキャストです。
「きずなコミュ」にかかわるすべての大人たちは、みんなで協力し、これからの社会を担う子どもたちが、明るく感受性豊かに育つことを願います。「きずなコミュ」にかかわるすべての子どもたちは、みんなとなかよく元気いっぱいに遊び、いましか学べない大切なことを学びます。そして、ここで培ったきずなこそが、大人にとっても、子どもにとっても、大切な宝物となり、幸せに生きていくための大きな力になると信じています。
わたしたちが実践する「きずなコミュ」は、いまはまだとても小さな活動です。でも、この活動を通して生まれた感動は、きっと多くの人々の心を動かすはずです。“子育てって楽しい”と、みんなに実感してほしい、知ってほしい。そのためにわたしたち大阪誠昭会は、「ねやがわ寝屋の森こども園」と「もくれん保育園」の2つの乳幼児教育施設で、「きずなコミュ」を中心に据えた教育・福祉サービスを実践しています。
この地道な活動の先に、ミッション「子どもを産み育てる感動を、わたしたちの地域から社会へと広げていくこと」の実現があるのだと確信しています。