たいせつにしていること こども園と子どものきずな

 

こども園と子どものきずなをつくるための「ねやがわ寝屋の森こども園」の取り組み

1

直接体験型プログラム

間接体験に加え、栽培活動などに代表される実際の活動を重視したプログラムを実施しています。

2

専門講師による特別保育

こども園も教育が大切です。英語・音楽・造形など子どもたちの「もっとしたい!」に応えます。

3

めざまし教育

楽しい遊びを通して身近な環境への関わりや自分自身の能力にめざめていくフランス発祥の教育方法を導入しています。

4

豊かな自然環境

子どもの健やかな成長に必要な恵まれた自然環境を利用し、幼い頃から自然と親しむ保育も取り入れています。

5

家庭的な環境へのこだわり

全職員が全園児・保護者の顔や名前を覚えている。それが私たちの自慢です。

保護者と保護者のきずなについての基本的な考え方は、大阪誠昭会のホームページでご紹介しています。