食育について

子どもたちに伝えたい!食べることの楽しさと大切さを

食に関わる系統立てた取り組みができることが認定こども園の最大の特徴です。
そして、その取り組みを通じて、家庭や地域と連携し、食に関わる様々な情報を共有し、
食の楽しさや大切さを伝えていくことこそ、認定こども園の社会的な責任であると考えます。

「食育」とは飽食の現代において、食生活のみではなく、広義にはそれに関わる環境や文化なども含め、

心身ともに健全な生活を営む豊かな人間性を育む

ことを目的としており、平成17年6月10日に食育基本法が成立したことにより、ますますその重要性がクローズアップされています。

ねやがわ寝屋の森こども園では未来を担う子どもたちが自然に食の楽しさや大切さを学んでいくために、家庭や地域社会と連携し、食育の実践を行う「食育推進プログラム」を展開しています。

ねやがわ寝屋の森こども園の「食育推進プログラム」

食育推進プログラムの目的

ねやがわ寝屋の森こども園の「食育推進プログラム」の目的について説明しています。

基本的な考え方

「食育推進プログラム」を進めるうえでの、考え方をまとめています。

プログラム内容

ねやがわ寝屋の森こども園における具体的な食育の取り組みについてご紹介しています。