きずなカフェ

保育の根っこ

2019年09月02日(月)


令和元年8月30日(金)に「保育環境評価スケール」について、当法人理事長と当園園長、そしてねやがわ成美の森こども園教頭の木下千夏教諭と一緒に学んできました。



保育環境スケールとは、保育の質を総合的に測定するツールです。保育の質の向上は保育環境を整えることが重要です。
今回の研修のテーマが、乳幼児のかがく遊びを通して、子どもの気付きや学び、課題に取り組む姿の想定と結果の検証が保育環境スケールの中にある、自然/科学の項目や言葉、数量図の項目に当たり、実践園の事例をもとに保育環境の整え方や保育者の言葉かけの仕方を学ぶことができました。
こどもの興味関心を深める環境構成と私たち保育者の関わり方次第で、同じ活動でも活動後の子どもたちの学びは大きな差が出きるので、保育スケールを参考に、何気なく行ってきたこと・当たり前と思っていたことも、スケールを用いることで、それらの意味合いを問いただし、一つ一つのことをよくしていくことで「保育の質」の向上を目指していくことができることを実感いたしました。
今後も、保育環境スケールについて学んでいき、子ども達の教育・保育の質の向上を目指し、邁進してまいりたいと思います。

(文責:保育マネジャー 田中恵理子)