ぷろぐらむガイド

ねやがわ寝屋の森こども園の保育内容 造形教育

感じたこと、考えたことを自分なりに表現することを通じて、豊かな感性を育み、創造性を豊かにすることを目標に造形教育に取り組んでいます。
りす組(0・1歳児)・うさぎ組(2歳児)では遊びを通じて様々な素材に触れ、目・耳・手を働かせて、その感触や変化を楽しんだりします。
きりん組(3歳児)・ぞう組(4・5歳児)では、折り紙、制作、描画などを通じて、「みんな違うから良いんだよ」と一人一人の子どもの中から出てきた表現を認め、自分の思いや考えを表現する喜びを楽しんでいます。
ぞう組より通常の造形活動に加えて、月1回サクラクレパスの造形指導講師とともに絵画や制作など、年間を通じて様々な造形活動も体験しています。
絵画展への出展(全大阪幼少年美術展などに出展し、入賞者多数)や行事(造形表現展)などで取り組みの成果を発表しています。

創意工夫をこらした作品ができあがります

創意工夫をこらした作品ができあがります

 

全大阪幼少年美術展 特選作品

干支「うし」

干支「うし」

かさじぞう

かさじぞう

うさぎ

うさぎ