きずなカフェ

保育の根っこ

2019年03月04日(月)


平成31年3月3日(日)にねやがわ成美の森こども園・ねやがわ寝屋の森こども園・ねやがわくこの木保育園合同で「マインドアップ研修」を行いました。今回の研修は当法人理事長の田中啓昭と、職員研修で毎回様々なことを教えて下さっている、株式会社クロスライフパートナーズの雑賀竜一先生をお招きし、社会人としての基礎的な心構え・考え方について研修を行いました。




職員全員雑賀先生の来園を楽しみにしていたので、ウェルカムボードを作成し、お出迎えしました。




昨年に引き続き、ねやがわくこの木保育園に併設している”こもれびラボ”にて合同研修を行いました。4月から仲間入りする新しいスタッフも参加し、『仕事とはなにか』、『チームで仕事をしていくということ』、『成長し続けるためには』ということなど社会人としての基礎となる部分を教えて頂きました。

・何のために働くのか、仕事をする上での意味と目的を明確にしてビジョンを持つこと
・効率良く仕事をしていくためには身近な目標を定め、小さな目標を1つひとつ達成していき、自分の目標に向かって前進していくことが大切であること
・“過去を反省し未来を良くする”という意識を持つことで気持ちをリセットし、常に前進することが大切であること


など、仕事に対する心構えや普段の生活の中でも様々な学びを見つけるコツを知ることができました。仕事のあり方を考え直し、より良い保育ができるよう明確な目標を持って行動していきたいと思います。




また、その後には異業種である美容院での取り組みを見て、何を仕事のやりがいとしているのか、チームで仕事をしていく為にどのようなことが大切か、人と関わる仕事をする上でどのようなことに目を向ければよいのかということをグループに分かれてディスカッションをしました。

グループで話し合うことで共感できたり、自分にはない意見を知り、よくするために何をしなければならないかを考え、意見交換を通して様々な思いが伝わり有意義な時間を過ごすことができました。
今回の研修でたくさん学んだことを実行していくと共に「きずな」を大切にし、これからも当法人の

ミッション 『子どもを産み育てる感動を、私たちの地域から社会へと広げていくこと』

ビジョン  『子育ての楽しさを伝えるエンターテイナーになろう』


を基に一人ひとりが仕事に目標や熱意を持って、チームとして子ども達のため日々の保育を行っていきたいと思います。

(文責:保育スタッフ 安井真悠)