きずなカフェ

保育の根っこ

2019年01月17日(木)


2019年1月16日(水)に平成30年度施行幼保連携型認定こども園教育・保育要領、保育指針に基づく自己チェックリスト100研修会に参加しました。

平成30年度施行幼保連携型認定こども園教育・保育要領、保育指針に基づく自己チェックリスト100研修会に参加しました。

幼保連携型認定こども園は新しく平成30年度に施行された教育・保育要領を基に全体的な計画や日々の教育・保育を行っています。
日々の教育・保育の質を良くしていくためには、実践したことを振り返り、評価・改善を行うことが不可欠です。

研修では自己チェックの重要性だけでなく、教育・保育要領に基づいた教育・保育の考え方やそれに関係する法律の事など様々なことを教えて頂きました。

より良い教育・保育は、子ども達の成長・育ちに大きく影響していきます。
そして、日々の教育・保育を考えていくことは、子ども達を日々の成長を見守りながら過ごしている私達、保育教諭の指名だと感じています。



左から 平成30年度施行新要領・指針サポートブック
     幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づく自己チェックリスト100
共に監修 保育総合研究会
   発行 世界文化社
     

研修で学んだ事を活かし、これから現場で一緒に働く保育教諭とも切磋琢磨しながら、教育・保育要領をさらに読み込んで理解し教育・保育を行っていきたいと思います。


個人の評価・園全体の評価を行うことの意味や教育・保育要領のポイントをおさえ、今後は自己チェックリスト100を使いながら評価・改善を行い、子どもの最善の利益を考えていきたいと思っています。

(文責:保育トップリーダー 山内 菜美)