きずなカフェ

保育の根っこ

2019年08月09日(金)

令和元年8月9日(金)に成美の森こども園 らいおん組(5歳児)で公開保育を行いました。



法人内公開保育では、現在行っている教育・保育内容の見直しをするべく、今年度よりねやがわ成美の森こども園・ねやがわ寝屋の森こども園・ねやがわくこの木保育園の3園で行っています。
今回の公開保育の内容は、「残暑見舞いを書く」です。
教育・保育要領 第2章 
環境(5)身近な動植物に親しみを持って接し、生命の尊さに気付き、いたわったり、大切にしたりする。
環境(6)日常生活の中で我が国や地域社会における様々な文化や伝統に親しむ。を参照し、
文字を書く面白さを感じ、季節ならではの風習に親しみを持つ。ということをねらいに教育・保育が展開されていました。


今回の教育・保育では、季節ならではの風習に興味を持ち、文字の書く面白さを感じながら取り組む姿が見られました。文字を書くときには、書き順、鉛筆の持ち方を意識しながら取り組んだり、また夏をイメージするものはどのような物があるかグループで話し合いをし、残暑見舞いに描く、ひまわりやかぶとむしなどを図鑑で調べながら楽しんで取り組む姿が見られました。




公開保育終了後は、見学したスタッフでポイントや疑問点・課題などを話し合いを行い、その中で法人としての文字活動における年間の目標・ねらいを統一することで園や担任による差が出ることがなく、活動に取り組んでいくことができるように今後内容を具体的に検討していくこととなりました。子どもの人数やクラス編成に違いはありますが、法人として教育・保育を進める上での方向性を考える貴重な時間でした。



話し合いの中で出た今回のポイントを改善・実践をしていき、法人全体で保育の質を向上させより良い教育・保育を行っていきたいと思います。

(文責:保育トップリーダー 赤井 茉友未)