ぷろぐらむガイド

  • もくれん保育園の保育内容
  • 子どもたちの安全を考えた取り組み
  • 保護者の皆様との連携を目的とした取り組み
  • 地域への社会貢献活動
  • スタッフのレベルアップを図る取り組み
  • 保育士になる夢を応援する取り組み

もくれん保育園の保育内容 ごっこ遊び

幼児期の代表的な遊びとして、ごっこ遊びがあげられます。ごっこ遊びとは平たく言えば、子どもたちが目の前のコト・モノに「つもり」や「みたて」などのイメージを持ち、それらを友達同士で共有し、役割を分担しながら遊ぶことです。
子どもたちは、それら遊びを通じて身近な生活で知り得た物事の発見や確認を行うと同時に、自分と他者の関わりや、それぞれの役割から社会の一員としての認識を学びます。 ごっこ遊びは人が生きていくために大切な「生きる力」を、子どもたちが遊びを通して自然と獲得できる大切な活動なのです。
そのようなことから、当園ではごっこ遊びをプログラムとして取り入れています。また、11月に行う保育参観では「もくれんランド」と称して、保護者と共にごっこ遊びの理解を深める取り組みも行っています。

「もくれんランド」で本番さながらのごっこ遊び

「もくれんランド」で本番さながらのごっこ遊び