きずなカフェ

保育の根っこ

2018年05月17日(木)

平成30年5月14日(月)にねやがわ成美の森こども園・ねやがわ寝屋の森こども園・ねやがわくこの木保育園合同で「心肺蘇生・AED研修」を行いました。



今回は枚方消防署の方々をお招きして、乳児・幼児の心肺蘇生法・AEDの使い方を講習と実践で学ばせて頂きました。

まずは、心肺蘇生法についてDVDを見た後にベビー・ジュニアの人形を用いて実践を行いました。
丁寧なご指導のもと、心肺蘇生法を実践を通して学ぶことで、乳児と幼児で心肺蘇生の方法の違いなど、より深く理解することができました。



またAEDの使い方も実際に練習用のAEDとベビー・ジュニアの人形を用いて学びました。
AEDは、音声で行うことを伝えてくれます。パッドの貼る場所も図に描いてあるので分かりやすく、指示を真剣に聞きながら操作を取り組むことができました。




この研修を通して、誰もが命を救う手助けができると思いました。もし人が倒れている時、勇気をもって行動することが大切であると感じました。また、子どもたちの大切な命を預かっているということを改めて実感しました。子どもたちが急に倒れたり、心肺が停止したりなど、いつ何が起こるかわかりません。今回学んだことを職員全員が対応できるようにし、子どもたちの命を守っていきたいと思います。

(文責:保育リーダー 出水初菜)