きずなカフェ

保育の根っこ

2018年05月07日(月)

平成30年4月26日(木)にねやがわ成美の森こども園・ねやがわ寝屋の森こども園・ねやがわくこの木保育園合同で、さすまた研修を行いました。




 今回の研修では、寝屋川警察署防犯係の方にお越し頂き、不審者対策についてのお話しやさすまたを使っての実践的な研修も行いました。


 
 最初に、子どもたちの命を守るうえでまず大切なのは、園内に不審者を入れないことであり一番の重要点です。入られてしまうと最悪なケースがまっていることをいつでも頭に置いておき「あれ?」「なんか変だな」という気づきを持つ事で園内侵入を未然に防げる事を学びました。
常に、「入れない」「入れさせない」「近づけさせない」という防犯意識を持ち不審だと思うことはすぐに知らせていくことが、最悪のケースを未然に防ぐこととなります。




 その後、実際にさすまたを使い撃退するのではなく、あくまでも警察官の方が来るまでの10分という時間をかせぐ為や不審者を子どもたちから遠のけたり、間合いを取る為の道具として利用し子どもたちも大人も怪我なく対応していく方法を教えて頂きました。
不審者は入りやすい、行きやすい所を好んで行動する為、さすまたを使い相手がやりにくいという状況を作り出す工夫をすることでその先の行動を止めることが可能となります。
また、一人よりも複数で対応することで力も倍になり協力し合うなかで不審者の行動を少しでも止めることが出来ることを学びました。


 今回の研修で、いつどんな場面で起こるか分からないことでもある為、日頃から不審者らしき人などが来た場合の対応方法や子どもたちをどのように守るのかなど、防犯意識を持ち行動することがもっとも大切だと気付かせて頂きました。
そして地域の皆様や保護者の皆様と協力し合いながら、子どもたちの命や安全を守っていきたいと思います。

(文責:保育リーダー 岸本美菜)