7つのきずな

  • 親子のきずな
  • 子ども子どものきずな
  • 保護者と保護者のきずな
  • 保育園と子どものきずな
  • 保育園と保護者のきずな
  • 保育園と地域のきずな
  • 保育園と職員のきずな

親子のきずな

子どもが、いちばん大好きなのは親。まっすぐ目を見て、幼いことばに耳を傾けてあげる。
それが理屈をこえた子育ての基本だと思います。

大人と子どもの価値観はちがいます

しつけはもちろん大切ですが、子どもに従順さだけを求めるのは“育てる”ことではありません。頭ごなしに叱ることは、子どもの個性や価値観を無視することにもなると思うのです。ことばを交わして親は子を理解し、子も親を理解していく。ここから“ きずな” は生まれます。

子どもと向き合い、認めてあげること

親が自分をちゃんと見ていてくれる。それが子どもにとって、なによりもうれしいのです。なぜ叱るのか、その理由を説明してくれる。なぜそうしなければいけないのか、きちんと教えてくれる。自分を認めて向かい合ってくれる親の愛情は、子どもの心を大きく育てるのです。